車 査定

車買取の基礎知識

車の査定には、買い取りと下取りというものがあるのをご存知でしょうか。 それぞれ売却することに変わりはないのですが、細かい所に違いがあります。 ここでは、車買い取りについて説明していきたいと思います。 車買い取りとは、車を査定して導き出された査定額を支払い車を買い取る事を指します。

 

それでは、車の買い取りの流れを説明したいと思います。 車の買い取りの流れは、査定業者に査定を依頼して、実際に査定をしてもらい、査定額に納得したら契約手続きをしてから入金という流れになります。 査定を依頼するには、いくつかの方法があります。

 

インターネットを使うのも良いですし、実際にお店に行って依頼しても良いでしょう。 査定を依頼する時に、車種や年式などを伝えることで大まかな査定額を教えてくれます。 この時に合わせて実際に査定を行う日取りなども決める事になりますので、事前に都合の良い日を決めておくと良いでしょう。 出張査定を行っている業者もありますので、お時間の無い方でも査定を依頼することができます。 査定が終わりましたら、査定額に対する説明が行われます。

 

その結果に納得がいけば契約手続きに進む事になります。 査定を依頼すると必ず売却しなければならないということはありませんので、納得がいかなければ断っても問題ありません。 契約手続きが終わりましたら、指定口座に入金が行われて完了です。 業者によっては、下取りよりも買い取りのほうが高額になる場合もあります。 契約をする前に下取りと買い取りの金額を確認してから決めるようにしましょう。

車買い取り専門店で車査定

中古車市場が過去に無いくらいの賑わいを見せていますが、近年では車を専門に買い取り販売活動を行わない中古車買い取り専門業者と呼ばれる業者が多く存在しており、 この中古車を専門で買い取る業者が盛んになったことが中古車市場のにぎわっている要素の一つとなっていますが、 中古車を専門で買い取る業者が買い取った車はオークションをはじめ海外輸出されるため、 車を買い取って整備して再び車を売る中古車販売店との目的が違う部分が大きく視点が違うことから査定額にも差が出るケースが多くなっています。

 

これらの業者は車を買い取ったお金と売却したお金の差額分で、組織の運営が成り立っているわけですが、 車の買い取りだけをすることで車の維持費やメンテナンス費用がかからないことでコストを上手に削減しているので車の査定も高額になるケースが多くなっています。

 

ただし、車の買い取り業者は少しでも早く車を買い取って回転率を上げようと躍起になっているところも多いことから買い取りに焦った業者との間でトラブルが発生するというケースも少なくありません。

 

レモン市場に繋がるところもありますが、車の売買においては車に対しての知識が多い業者の方が有利になるケースがあり、 上手く言葉で丸められるというケースも少なくないので、車の査定を依頼する場合は同時に複数の買い取り業者に依頼して、 車の買い取り業者同士を上手に競い合わせるような環境を作った上で査定を進めていくと良いでしょう。

廃車寸前!?諦める前にちょっと待って!

車が故障・古くなったなどの理由で、所有している車を廃車にして新しい車を購入するという場合に、廃車として車を出してしまうと廃車手数料がかかるため、 0円でもいいのでもらってくれる人がいたらというのが、これから車を廃車に出そうとしている人の心情だと思いますが、本来廃車になりそうな車でも、 車買い取り業者に査定に出したら値段が付いたというのはよくある話しなので、廃車を考えている場合は事前に必ず車査定に出して買いとってくれないか調べましょう。

 

車の価値はもちろんきちんと動くかという性能面が重視されるのですが、それ以外にも部品や海外への輸出で価値がある場合もあり、 この場合は多少車が壊れていても買い取ってくれる場合があります。車の査定に出しても買値が付かなかったということはもちろんありますが、 それでも無料で引き取ってくれたら、本来支払う必要があった廃車手数料に関しても支払う必要が無くなるため得をしたと言えます。

 

車の性能面と違って、このようなケースの場合は車の買い取り業者によって査定額に大きな差がでるのが普通なので、 一件の車買い取り業者で0円の買値だったとしても他の車屋で10万円の査定額になるようなケースも多くあるため、 できるだけ多くの車買い取り業者で車査定をしてもらうようにしましょう。

 

また、車買い取り業者で買い取ってくれない場合でもオークションサイトや個人売買サイトなどを利用することで売れる場合もあるので、これらのツールも有効活用しましょう。

車の小さなキズでも大丈夫?

車の性能と同じくらい車の査定に大事な要素が車の見た目で、この車の見た目というのは特にすり傷やへこみなどの車の破損部分の有無ですが、 大きな傷やへこみが車のボディにある場合は査定の際の大きなマイナスポイントになってしまうと考えるため、事前に修理やへこみを直したいと思い、 中には修理をしてから査定に出す人もいますが、大きな傷やへこみがある場合は査定にマイナスになるのは間違いないなく、 修理費用が高額になる場合がほとんどなので修理をする前の査定額と修理をした後の査定額と修理にかかる費用を考えて費用が掛からない方を選びましょう。

 

修理してから査定に出す方が損をするケースが多い理由については、査定をしてくれる車買い取り業者の場合は、多少車に傷がついていても自社の工場で安く直せるためで、 車を売ろうとしている人が車の修理を業者に依頼すると高額になるためその差分だけ査定額に影響するということです。

 

自分で修復できるくらいの傷やへこみなら直しておいた方が良いと言えますが、大きな傷やへこみに関しては自分で直すのではなく、査定に出す車買い取り業者で修復してもらうようにすると良いでしょう。

 

また、車内に大きな傷がある場合も車体に大きな傷がある場合と同じで自分で直せる傷なら直した方が良い場合もありますが、 自分で直せない場合は無理に業者に頼まずそのまま査定に出すと良いですが、傷を見るポイントは業者によって違うので複数の業者で査定を受けると良いでしょう。

純正品やパーツについて

車の査定に影響する要素の一つに車の装備がありますが、この装備と言われているのがいわゆるオプション品や車のパーツなどで、純正ほど査定にプラスに影響すると言われていますが、 純正でなくてもカーナビやDVD機器などがあれば査定にプラス要素となるとされています。

 

査定金額を少しでも上げるために、そのままパーツやオプション品を残しておくというのも一つの方法だと言えますが、 カーナビやオーディオ機器は普通に購入するとなると高価である場合が多く、これから新しい車を購入しようとしている場合は、新しい車に装着した方がお得になる場合もあります。

 

どういうことかと言うと、普通に購入すると10万円するカーナビでも査定にプラスされる金額が3万円の場合は7万円損したことになるので、装着を外して新しい車に装着した方が良いと言えますが、 2万円の中古で購入していたカーナビでも装着しておくことで査定が3万円上がるようなら、装着して査定を出すことで得をするというものです。

 

また、純正品以外の小さなパーツは装着してもほとんど査定にプラスに働くことはありませんが、 これらの小さなパーツはインターネットオークションなどで思いのほか高値で売却することが出来ることもあるので、 パーツは車から外して少しでも現金化するように心がけたら良いでしょう。

 

純正品は無いよりあった方がプラスになるので、査定時に純正品の有無もきちんと伝えるようにして、可能なら事前に取り換えておくとよいでしょう。

事故歴の車有無

これまでに車を査定に出したことがある人なら知っていると思いますが、車の査定内容の一つに事故歴や修復歴と呼ばれるものがあり、 過去に修復した履歴がある場合はきちんと修復歴有としないといけませんが、事故歴や修復歴の有無は査定に大きな影響を与える場合があるので、 修復歴があるにも関わらず無修復歴は無いと答えている人も多くいますが、ほぼ間違いなく査定時に見つかります。

 

また、契約した後に修復歴が分かった場合は金銭的な部分でトラブルに発展するケースも多いことから車の情報はきちんと提示して車の査定をしてもらうようにしましょう。 修復歴の有無と問われて、修復歴が分からないという人も多くいると思いますが、車を直したことがあるかどうかの有無というわけではなく、 車の骨部分にあたるいずれかの部品が事故により損傷した場合に、その傷を修復したことがあるかどうかというもので、その骨にあたる部分以外の損傷の修復は修復歴には入りません。

 

これらの車の骨部分となる部位が傷つくには、かなりの衝撃を受けなければ傷つきませんが、 大きな事故をしたことで修復する必要が出たということで修復歴に履歴が残るケースが多いことから事故歴の有無として使われる場合もあります。

 

また、悪質な業者だと本来修復歴が無い車でも修復歴が有ると言って査定金額を下げてこようとする査定士もいるので、必ず一つの業者だけで査定をしてもらうのではなく、 複数の業者から査定をしてもらい、修復歴の有無について調べておきましょう。

ボディカラーと買取価格

車を購入する場合によく気がつくことですが、同じ年式で同じ走行距離の車があった場合にこれらの車の車種が全く同じで装備品が一緒だった場合でも、 車体のカラーが異なっているだけで車の値段が番うことがありますが、これは車体のカラーによる人気の違いを暗に示していることにもなり、 車の査定においても売ろうとしている車のカラーによって査定金額が変わる場合があります。

 

車体のカラーによる車の査定額の違いは、その車種にもよりますが、一般的にブラックカラーとホワイトカラーの車体カラーが人気を集めており、 これらの車体カラーは昔も今も安定した人気となっていますが、それ以外のカラーは時代による差が大きく一概には言えません。

 

ただし、車体カラーが大きく影響するのは比較的新しい車の場合で、古い年式の車や商用車になってくると車体のカラーより車そのものの性能が重点的に見られることになるため、 そこまで車体カラーを気にする必要はありません。安定的な人気を集めているブラックとホワイトカラーですが、どの車種でも人気を集めているカラーかというと、そういうわけでもなく、 派手さを売りにしているようなスポーツカータイプのような車はブラックやホワイトカラーよりは原色系カラーの方が人気で車の査定においてもブラックやホワイトカラーに比べて高くなりやすい傾向にあります。

 

車体が派手すぎる場合は業者に売るのではなくて、オークションなどでそのカラーの車が欲しい人を探す方が良い場合もあります。

車査定の注意点

車は経年劣化が著しいため、時間が経てば経つほどその価値を失っていくことになりますが、その指標となる年式や走行距離の状態によって車の査定額は変わってくるので、 車を売りたいと思い立ったらすぐに行動に移して車を売ることが大事だといえます。

 

少しでも早く売るだけでなく、少しでも高く買い取ってもらいたいというのが、これまで車を大事に乗ってきた人の心理だと思いますが、 車を少しでも高く売るためには多くの車買い取り業者で車の査定をしてもらってそこから高値で買い取ってくれる業者を選びたいものです。

 

車の査定をしないで個人的に買い手を見つけて車を売ることもできますが、売り出してから売れるまでの時間が分からないということと、 個人による売買取引は一定の知識が無いとトラブルを引き起こしやすいというリスクがあるため、 きちんとした車の買い取り業者に依頼して車を買い取ってもらうというのが理想だといえます。

 

車の買い取りをしてもらう場合でも、不利になる場合があるとはいえ細かいところまで査定をしてもらって、 後々トラブルが発生しないように車の買い取り業者にも査定をしてもらいたいものです。

 

ただし、車の査定には時間がかかるのが普通なので、ここで車を早く売りたいという心情と少しでも車を高く売りたいという心情との間に相違が生まれることになりますが、 少しでも高く早く車を買い取ってもらうためには一度に多くの業者から査定してもらえる一括査定の活用がポイントになってきます。

10万キロ走行車の査定

以前は、10万キロ以上走った自動車には、車査定額が付かないと考えられていました。

 

もちろん、今でも走行距離や年式は短い方が、高値が付くのは当然ですが、それでも現在では、自動車の品質自体が向上している為、 10万キロ以上走った自動車であっても、きちんとメンテナンスさえされていれば、安全に走行できる為、車種や年数などの条件によっては、 それなりに良い査定額が付くケースがあるようです。

 

但し、多走行車は、ディーラーでの下取りでは、まず値段は付けてもらえません。ディーラーでは、良いオプション品が付いているとか、 人気車種であるなどは、あまり関係が無い為、走行距離が10万キロ超えていれば、ほぼ高確率で、0円が付けられると思っていて良いでしょう。

 

多走行車を売却したいと考えるのであれば、買い取り専門店へ、車査定をお願いしてみると良いでしょう。

 

中古車買い取り専門業者の中には、日本国内だけでなく、海外にマーケットを持っているケースもあり、多走行車であっても日本車の需要は高く、 思わぬ高値が付けられる場合もあるようです。

 

また、どう見てもおんぼろで動かないような状態であっても、パーツとして売る事や、鉄として業者に売る事なども考えれば、 粘り強く買い取り先を探す努力と時間を惜しまなければ、0円で愛車を手放す事はなくなる可能性が高いと言えるでしょう。

 

但し、査定後に、買い取れないと言っている業者に対して、無理やり値段をつけさせるような事はトラブルの元になりますので、止めましょう。